我が家「スケートパーク」計画

ボックスやミニランプを自作して自分の家をスケートパークにしてしまおう…というブログです。

【セクション設計図(指スケ)】アッパーボックス

打ち上げタイプのカーブボックス。

 

 

どうも、僕です。

僕はスノーボードもやるんですが、スノーボードでもボックスやレールが設置してあるスノーパークなるものが存在します。

その中で、ポピュラーなセクションであるアッパーボックス。

 

 

これを指スケでもやったら面白いんじゃないか…とふと思ったので、さっそく設計してみました。

f:id:skateDIY:20171121235952p:plain

 

 

設計図

アッパーボックスの構造図です。

f:id:skateDIY:20171004153804p:plain

 

長さは20.0cm、幅は9.0cm。高さは、3.0cmから8.0cmに徐々に上がっていく感じです。

低い方からオーリーで乗って、高さを持ってアウトすることができます。アウト時にいろんなフリップを魅せましょう。ちなみに僕は、まだ指スケではフリップできません…。

 

用意する材料

材料カーブボックスと同じで下のとおり。

 

MDF材

メインは、MDF材。下のサイズの板を用意します。

  •  30cm×40cm、厚さ6mm → 1枚

 

アルミ製L字アングル

カーブボックス同様、アルミのL字アングルをコーピングとして使用します。ホームセンターで1.0m単位で売ってます。

  •  1.0cm×1.0cm、長さ1.0m → 1本

 

ボンド

MDF材は木工用ボンドで接着していきます。コーピング部分の接着も木工用ボンドで問題ないと思いますが、万能ボンドなどを使うとより強固に接着できると思います。

 

 

つくり方

0.工具を用意する

アッパーボックスの製作に必要な工具は、下の3つ。

  1. 木工用手鋸(MDF材をカットします。)
  2. 金属用手鋸(アルミパイプをカットします。)
  3. ヤスリ(MDF材とアルミパイプを削ります。)

 

全部、ホームセンターなどで手に入る代物です。

 

1.MDF材をカットする

(中)1.MDF材をカットする

下のカット図のとおり、MDF材をカットします。

f:id:skateDIY:20171004154318p:plain

 

カットのポイントは、周りからカットしていくことです。カット回数も少なくて済むし、綺麗な面をそのまま活かせます。カット面は、ヤスリがけをしないとケバケバになるので、その回数も減ります。

 

2.L字アングルをカットする

L字のアルミアングルは下のサイズでカットします。

  • 20.8cm → 2本

 

カットしたら、カット面をしっかりヤスリがけします。怪我がないようにしないといけませんからね。

 

3.パーツを組み立てる

カットしたMDF材パーツをボンドで接着して、本体を組み立てていきます。

f:id:skateDIY:20171004154506p:plain

 

この手順は、普通のカーブボックスとなんら変わりはありませんね。ただ、斜めになってる部分は、パーツごとの傾斜が揃わず、ズレが生じる可能性もなきにしもあらずなので、その際はヤスリで整えましょう。

 

4.コーピングを取り付ける

ボックスに合うようにアルミアングルを接着します。

f:id:skateDIY:20171004154614p:plain

 

普通に取り付けると、図のようにコーピングの角が飛び出る感じになるので、ヤスリで削り落としましょう。普通のヤスリでも削れますが、電動ドライバーなどお持ちの方は、先端がヤスリになってるパーツとか売ってるので、そういうの利用した方が楽だと思います。

 

これで完成!

完成イメージはこんな感じ。

f:id:skateDIY:20171004154637p:plain

 

打ち上げタイプのセクションて珍しいような気がしますが、高さが出せそうなので楽しそうですよね。

飛び出さなくても、ウォールとして使っても楽しそう!

 

 

実際に作ってみて、何か聞きたいこととかあれば気軽にコメントやDMください。

ではでは。

 

 

 

 

PS.

セクションを自分で作るのが面倒くさい…という方へ。

 

指スケ専門のセクションショップをオープンしています。

自分でつくるのとそんなに変わらない価格でセクションを提供していますので、興味ある方はどうぞ。

 

 

指スケ専門セクションショップ haco屋

https://hacoya.theshop.jp