我が家「スケートパーク」計画

ボックスやミニランプを自作して自分の家をスケートパークにしてしまおう…というブログです。

【セクション設計図(指スケ)】ステア

ストリートセクションの決定版!

 

 

どうも、僕です。

指スケでストリートスケートをするコトはあまり無いかもしれませんが、(うまい人は街中のスポットで滑ってたりしてますが…)指スケでもスケート同様、ストリート感を出したいコトってありますよね。

 

 

そんな時にステアセクションがあるといいですよね。

今回、ステアを設計してみたので紹介しますね。

f:id:skateDIY:20171121235820p:plain

 

 

 

設計図

ステアはこんな感じで設計してみました。

f:id:skateDIY:20171008205356p:plain

 

全体の長さは34.0cm、高さは約5.0cmで幅が9.0cm。ステア部は、高さ6.0mmの段差が7段で長さ14cmです。ステアに入るまでに20cmのフラット部をつくったので、体勢(というか指勢?)を整えてステアに挑めます。

レールとかは特に設計には入れてませんが、好みでレールを付け加えてもいいと思います。

 

用意する材料

材料はカーブボックスと同じ。

 

MDF材

骨格となる部分は、おなじみのMDF材を使用します。普通の木材より安く、加工がしやすいです。

  •  30cm×40cm、厚さ6mm → 1枚

 

ボンド

ステアで使用する材料は、MDF材のみなのでボンドも木工用だけで十分ですね。

 

 

つくり方

0.工具を用意する

三角ボックスには下の2つの工具が必要となります。

  1. 木工用手鋸(MDF材をカットします。)
  2. ヤスリ(MDF材を削ります。)

 

ステアは、パーツ数が多いので大きい手鋸だとうまくカットできないかもしれません。細かく切れる糸鋸があるとよりベターかもしれません。

 

 

1.MDF材をカットする

MDF材を下のカット図のとおりカットします。

f:id:skateDIY:20171008205610p:plain

 

 

かなり細かいパーツが多いです。なるべく予算を下げるために、MDF材1枚に収まるよう書いてますが、無理そうなら2枚使うなどしてください。

フラット部が黒線で、ステア部が青線です。似たようなパーツがあるので、混ざらないように分けておいてくださいね。

 

2.フラット部を組み立てる

ステアは、フラット部とステア部に分けて組み立てていきます。

 

まずは、フラット部を組み立てましょう。フラット部は先ほどのカット図で黒線のパーツです。普通のカーブボックスを組み立てる要領で組み立てます。

f:id:skateDIY:20171008205937p:plain

 

3.ステア部を組み立てる。

今度は、ステア部を組み立てます。階段の一番下だけ長さが短いパーツになってるので、間違えないよう注意してください。

f:id:skateDIY:20171008210017p:plain

 

4.ボックスとバンクを合体する

先ほど組み立てたフラット部とステア部を木工用ボンドで接着します。接着が弱いとはがれてしまうので、しっかり全面にボンドを塗布するようにします。

f:id:skateDIY:20171008210101p:plain

フラット部とステア部を接着すれば完成!

f:id:skateDIY:20171008210230p:plain

 

オーリー→テールマニュアル→ファイアークラッカーとかもステアっぽくていいですね。

 

 

今回の記事で、何かわからないコトとかあれば気軽にコメントやDMください。

ではでは。

 

 

 

 

PS.

セクションを自分で作るのが面倒くさい…という方へ。

 

指スケ専門のセクションショップをオープンしています。

自分でつくるのとそんなに変わらない価格でセクションを提供していますので、興味ある方はどうぞ。

 

 

指スケ専門セクションショップ haco屋

https://hacoya.theshop.jp