我が家「スケートパーク」計画

ボックスやミニランプを自作して自分の家をスケートパークにしてしまおう…というブログです。

【指スケ】スパイン

スケートでもあったらいい感じのセクション。

 

 

どうも、僕です。

僕は下手なりにスケートと指スケの両方をやってる訳ですが、指スケならではのセクションってありますよね。

指スケは、スケートに比べてセクションにかかる衝撃が小さいので、構造を複雑にしても大丈夫…なはず。

 

ということで、今回はスパインの作り方を紹介します。

 

 

 

スパインの構造はこんな感じで設計しました。

f:id:skateDIY:20171004150721p:plain

 

長さは22.5cm、幅は14.0cm。全体的に三角にして、横からオーリーしなくても入れるようなカタチに。てっぺんは丸形のコーピングをつけました。

左右対象なので、トランスファーして遊ぶのもいいですよね。イメージが広がります。

 

用意する材料

材料はMDF材を中心に下のとおり。

 

MDF材

今回も一般的なサイズのMDF材を使用します。

  •  30cm×40cm、厚さ6mm → 1枚

 

アルミパイプ

ホームセンターに売っているアルミ製の丸パイプをコーピングとして使用します。サイズは下の通り。通常は、1.0m単位で売られているので、カットして使います。

  •  直径3.0mm、長さ1.0m → 1本

 

ボンド

MDF材をくっつけるために木工用ボンドを用意します。パイプとMDF材も木工用ボンドでくっつくと思いますが、不安な場合は万能ボンドなどで代用してください。

 

 

つくり方

0.工具を用意する

スパインをつくるのに必要な工具は、下の3つ。

  1. 木工用手鋸(MDF材をカットします。)
  2. 金属用手鋸(アルミパイプをカットします。)
  3. ヤスリ(MDF材とアルミパイプを削ります。)

 

家に無い場合は、ホームセンターなどで手頃なものを手に入れておきましょう。

 

1.MDF材をカットする

下のカット図のとおり、MDF材をカットします。

f:id:skateDIY:20171004151835p:plain

 

端から使っていくと、もともと真っ直ぐだった面を無駄なく使うことができるので、カット図はそういう風に書いています。

自分でカットするとどうしてもベコベコになってしまうので、地面に接する部分をもともと真っ直ぐだった面にすると、置いた時にセクションがグラグラしなくて済みます。

 

カット面は、ヤスリがけをします。

 

2.アルミパイプをカットする

アルミパイプは下のサイズでカットします。

  • 21.7cm → 1本

 

カットしたら、カット面をしっかりヤスリがけします。毛羽立ってると、トゲが指に刺さって怪我すると嫌ですからね。

 

3.パーツを組み立てる

下の手順で、カットしたMDF材をボンドで接着していきます。

f:id:skateDIY:20171004152005p:plain

 

ポイントは手順3.の際に、少しずらしてアルミパイプを乗せるスペースを作ってあげることです。

 

青線部のはみ出た三角の部分をヤスリで削り落とします。手動で削る作業は結構大変だと思うので、電動工具をお持ちの方は木を削るビット(先端部)があるので、それを使ってもいいかもしれません。

 

4.コーピングを取り付ける

先ほど作ったスペースにボンドを充填して、アルミパイプを接着します。はみ出たボンドは、ティッシュで取り除きます。

f:id:skateDIY:20171004152212p:plain

 

 

以上で完成です。

完成イメージはこんな感じ。

f:id:skateDIY:20171004152235p:plain

いろんなトリックが試せそうなセクションですよね。

僕はまだ作ってないので、どなたか作ってみたら教えてください。笑

 

 

スパインって、スケートパークとかにもあったらやばそうなのにあんまり見ないですよね。

設計図おこしてみようかな。

 

 

本日の記事で、何か聞きたいこととかあれば気軽にコメントくださいな。

ではでは。