我が家「スケートパーク」計画

ボックスやミニランプを自作して自分の家をスケートパークにしてしまおう…というブログです。

【セクション設計図(指スケ)】レールボックス

レールもできて、ボックスもできるセクション。

 

 

どうも、僕です。

指スケのセクションを設計してほしい、というリクエストを最近、受けるようになってきたのですが、よくレールの設計図を書いてほしいというリクエストをいただきます。

 

ただ、レールは金属製なので接着するのに溶接する必要があって、自力でDIYしようと思うとなかなか難しい。

てことで、指スケの大手セクションメーカー「blackriver」さんのセクションにレールのトリックもボックスでのトリックも両方できるセクションを見つけたので、自分でも作れないかな…と思い、設計図を起こしてみました。

f:id:skateDIY:20171009124547j:plain

 

 

設計図

レールボックス(本当は違う名前かもしれませんが…)をつくるにはこんな構造だとDIYしやすいかと思います。

f:id:skateDIY:20171009124636p:plain

 

長さは長めの30cm。幅12cmで高さ5.0cmのボックスの上に、幅3.0cm、高さ5.0cmの細いボックスが乗っかてる感じの構造に。

 

用意する材料

レールボックスといっても、構造はボックスなのでカーブボックスと同じ種類の材料を用意。

 

MDF材

MDF材を用意します。

  •  30cm×40cm、厚さ6mm → 1枚

 

アルミアングル

コーピングには、アルミ製のL字アングルを使用します。1.0m単位で売られてるので、1本でオッケー。

  •  1.0cm×1.0cm、1.0m → 1本

 

ボンド

MDF材の接着には木工用ボンドを使用します。コーピングの接着も木工用ボンドで大丈夫と思いますが、接着力が心配な方は万能ボンドの用意をお勧めします。

 

 

つくり方

0.工具を用意する

バンクtoバンクをつくるには下の2つの工具が必要です。基本的にバンクと同じ。

  1. 木工用手鋸(MDF材をカットします。)
  2. 金属用手鋸(アルミアングルをカットします。)
  3. ヤスリ(MDF材とアルミアンングルを削ります。)

 

1.MDF材をカットする

まず、下のカット図を参考にMDF材を切り抜いてパーツをつくります。

f:id:skateDIY:20171009133651p:plain

 

なるべく1枚に収まるようパーツの配置を考えました。キチキチなので、切り抜きにくいという方は、2枚に分けてもオッケーです。

 

あ、カット面をヤスリがけするのを忘れずに。

 

2.アルミアングルをカットする

コーピングとなるアルミアングルを、下のサイズにカットしていきます。

  •  30cm → 3本

 

カット面は毛羽立ちを取り除くために、ヤスリがけします。

 

3.パーツを組み立てる

レールボックスは、カーブボックスが変形したような形なので、組み立て手順はカーブボックスとほぼ同じです。

f:id:skateDIY:20171009133807p:plain

 

一度に組み立てにくい場合は、下のパーツから組み立てて行って上に上がっていくようにするとやりやすいですよ。

 

4.コーピングを取り付ける

最後に、コーピングを取り付けて完成です。

f:id:skateDIY:20171009133845p:plain

 

 

 

1つで2役になるお得なセクション。ボックスやレール単体のトリックで楽しむもよし。ボックス→レールの乗せ替えトリックを楽しんでもよし…ん、そう考えると1つで3役か。

 

 

今回の記事で、何かわからないコトとかあれば気軽にコメントやDMください。

ではでは。