我が家「スケートパーク」計画

ボックスやミニランプを自作して自分の家をスケートパークにしてしまおう…というブログです。

ミニランプ(その3)完成編

 家でミニランプを滑ってると3歳の息子が「僕にもやらせてく〜ださい!」とタラちゃんばりの可愛さでやってくるので、いつも一緒に遊んでいます。

 

f:id:skateDIY:20170207104629j:plain

 

まだデッキに乗るところまではできないので、走って上まで駆け上がったり、お尻で滑り台みたいにして遊んでいます。

 

たまに嫁も滑り台をやらせてと言ってきますが、お尻の圧力でランプが破壊されそうなので、「怪我するといけないから…」と、やんわりお断りさせていただいてます。

 

 

ミニランプの作り方を3回にわたって紹介しています。

今回は完成編です。

 

前回までの記事をご覧になってない方は、まずそちらをお読みください。

 ↓

www.skatediy.work

 

www.skatediy.work

 

いよいよ今回で夢のマイホームならぬ、夢のマイランプが完成します。

この記事では、フラット部の作り方と、最後の仕上げについて紹介します。

 

設計図

フラット設計図

フラット部はアールとアールをつなぐ大事な部分です。

といっても、構造は簡単。こんな感じ。

f:id:skateDIY:20170806225307p:plain

フラット部は真ん中に1つだけ。

 

用意する材料

フラット部の材料と仕上げに必要な材料です。

2×4材

もうおなじみ。38mm×89mmの一般的な角材。

今回も使用します。

 

 

ベニヤ

合板より薄い木の板。よくしなるので、アールの曲がった面をつくるのにピッタリです。厚さは4mmのものを使用します。

 

単管

ミニランプのコーピングになります。直径48.6mmの一般的なものを使用。

ちなみに、ホームセンターでは長さ2.0m単位で買えます。

 

ビス

こちらも前回までと同様に太さ4.2mm、長さ75mmのものを使用します。

 

 

つくり方

0.電動工具を用意する

今回も電動ドリルドライバーを使用します。

アール部を作成する際に使用した電動ジグソーは使用しません。

 

 1.材料を切る

ホームセンターなどで調達した材料を所定の長さにカットします。

2×4材

2×4材は、ホームセンターでは182.0cmの長さで売られています。それを13本用意して、次の長さにカット。

  • 176.6cm → 13本

多少のズレは問題なしです。

 

自分でカットする場合は、電動丸ノコを使用します。

電動丸ノコを持ってない場合は、ホームセンターでカットしてもらうこともできます。(1カット30円〜50円)

 

単管
  • 182.0cm → 2本

ホームセンターでは2.0m単位で売られているのでカットする必要があります。

金属のカットは自分でやるには、専門工具が必要となるし、火花も飛び散って危ないです。

ホームセンターでカットしてくれるので、そうするのがオススメです。1カット50〜100円程度。

 

 2.フラット部の枠をつくる

2×4材でフラット部の枠をつくります。

使用材料
  • 2×4材 182.0cm ×2本
  • 2×4材 176.6cm ×2本

f:id:skateDIY:20170806232530p:plain

長さ182.0cmの木材は縦にして、横を176.6cmの木材で。

端っこは、空けておいてください。

 

3.フラット部の基礎をつくる

2×4材を敷き詰めて、フラット部の基礎をつくります。

使用材料
  • 2×4材 176.6cm ×11本

f:id:skateDIY:20170806233222p:plain

 

これでフラット部分は完成です。

f:id:skateDIY:20170806233258p:plain

 

4.パーツを設置場所に移動する 

プラットフォーム、アール、フラットの3つのパーツが完成したら、それらを結合していきます。

ただ、一度結合させてしまうと、場所を移動させるのが大変なので、結合する前に設置場所に移動させましょう。

 

5.プラットフォームとアールを結合する

プラットフォームの裏から中に入って、2×4材どうしをビスで固定していきます。それが終わったら、アールの前面に2×4材をビスで固定します。

使用材料
  • 2×4材 176.6cm ×2本

f:id:skateDIY:20170806235230p:plain

 

6.アールとフラットを結合する

さっきアールの前面に固定した2×4材を利用して、フラットとアールをビスで結合します。

f:id:skateDIY:20170806235455p:plain

 

7.プラットフォームを補強する

プラットフォームの後ろ面に2×4材を固定して、補強します。

使用材料
  • 2×4材 182.0cm ×2本

f:id:skateDIY:20170806235805p:plain

 

8.単管に穴を開ける

コーピングとなる単管に固定用の穴を開けます。

使用工具
  • ドリルビット 太さ4.2mm

f:id:skateDIY:20170807000436p:plain

穴の位置は上の絵を参考にして、端っこ2箇所、真ん中1箇所で90°ズラして開けます。

穴は必ず貫通させてください。

 

9.コーピングをつける

さっき穴を開けた単管を、アールの切り込みに置いて、奥の2×4材にビスで固定します。

f:id:skateDIY:20170807000903p:plain

少し長めのドライバービットがあると作業がやりやすいので、ホームセンターで調達しておくといいかも。

 

10.ベニヤを張る

最後にベニヤ板を貼って完成です。端からどんどんベニヤ板を2×4材にビスで固定していきます。

ベニヤ板は、強度を確保するため3層構造にします。

使用材料
  • ベニヤ板 91.0cm×182.0cm 24枚

 

1層目は縦方向に。

最後までいったら、余ったベニヤ板を手動のノコギリでカットします。

f:id:skateDIY:20170807002640p:plain

 

2層目は横にして。

f:id:skateDIY:20170207122348p:plain

 

 3層目は、また縦にして固定していきます。

f:id:skateDIY:20170207122827p:plain

 

2層目以降は下の木材が見えないので、すでに打ち込んだビスの位置を目安にしてビスを打っていきましょう。

 

最後のこの作業が一番大変ですが、ベニヤ板が打ち終わったらついに完成なので、最後の力を振り絞って頑張ってください!

 

11.完成

お疲れ様でした!

f:id:skateDIY:20170207123223p:plain

 

 

 

ミニランプを作るのは労力は要りますが、いつでもランプに入ることができる贅沢なスケートライフを送ることができます

ぜひ、夢のマイランプを手に入れてください!

 

ではでは!enjoi skate!