我が家「スケートパーク」計画

ボックスやミニランプを自作して自分の家をスケートパークにしてしまおう…というブログです。

【セクション設計図(指スケ)】バンク

普通のバンク。すごく簡単。

 

 

どうも、僕です。

セクションの代表格といえば、ボックスやレールが挙がると思いますが、その次にポピュラーなセクションといえば、バンクじゃないでしょうか。(多分ですけど…。)

 

ということで、今回はバンクのつくり方を紹介しますね。

f:id:skateDIY:20171122000306p:plain

 

設計図

バンクの全体構造はこんな感じです。とてもシンプル。

f:id:skateDIY:20171009115448p:plain

 

全体の長さは20cmに対して、高さは約5cm。で幅は少し広めに12cm。バンクとしては一般的な角度かと思います。バンクだけでなくウォールとしても使いたい方は、もう少し高さを上げてもいいかも。

 

用意する材料

材料はコーピングがないので、少なくて済みますね。下のとおり。

MDF材

普通の木材より安く、加工がしやすいMDF材を使用します。

  •  30cm×40cm、厚さ6mm → 1枚

 

ボンド

MDF材のみなのでボンドも木工用だけで十分ですね。

 

 

つくり方

0.工具を用意する

バンクをつくるには下の2つの工具を用意します。

  1. 木工用手鋸(MDF材をカットします。)
  2. ヤスリ(MDF材を削ります。)

 

1.MDF材をカットする

まず、MDF材をカットしてパーツをつくります。下のカット図を参考にしてください。

f:id:skateDIY:20171009115633p:plain

 

バンクは、地面に対して斜めに接するパーツが出てきます。カット図のa.、b.については、地面に当たる部分を斜めに加工します。手鋸でうまく加工できればいいですが、できそうにない場合はヤスリで地道に削っていくしかないです…。

f:id:skateDIY:20171009115722p:plain

 

この段階が、バンクで一番の難関。

 

 

2.パーツを組み立てる

パーツが切り取れたら、ボンドを使って組み立てて完成。

f:id:skateDIY:20171009115757p:plain



 

 

バンクを使ったオーリーでのあの浮遊感はたまりませんよね。

ぜひ、一家に一つバンクを。

 

次回は、進化版ということで、バンクtoバンクのつくり方を紹介します。

 

 

今回の記事で、何かわからないコトとかあれば気軽にコメントやDMください。

ではでは。

 

 

 

PS.

セクションを自分で作るのが面倒くさい…という方へ。

 

指スケ専門のセクションショップをオープンしています。

自分でつくるのとそんなに変わらない価格でセクションを提供していますので、興味ある方はどうぞ。

 

 

指スケ専門セクションショップ haco屋

https://hacoya.theshop.jp