我が家「スケートパーク」計画

ボックスやミニランプを自作して自分の家をスケートパークにしてしまおう…というブログです。

【指スケ】バンクtoバンク

パークセクションといえば、コレ!

 

 

どうも、僕です。

僕だけかもしれませんが、スケートパークにあるとテンション上がるのがバンクtoバンク。高いエアーを決めるのが気持ちいいですよね。

f:id:skateDIY:20171009120810j:plain

ちなみに、この画像はもちろん僕ではありません。

 

前回バンクのつくり方を紹介しました。

 

www.skatediy.work

 

今回はそれの応用ということでバンクtoバンクのつくり方を紹介します。

 

 

設計図

バンクtoバンクはこんな感じの構造です。バンク2つに真ん中にフラット部がある感じ。

f:id:skateDIY:20171009121137p:plain

 

バンクの大きさは、前回記事で紹介した大きさで長さ20cm、高さ5cm。フラット部も同じ長さで20cmにしました。幅は、12cm。

 

用意する材料

バンクと同じくコーピングがないので、MDF材だけ。下のとおり。

 

MDF材

バンクtoバンクはパーツ数が多いので、MDF材は2枚使用します。1枚じゃ足りなかった…。

  •  30cm×40cm、厚さ6mm → 2枚

 

ボンド

MDF材のみなのでボンドも木工用だけで十分ですね。

 

 

つくり方

0.工具を用意する

バンクtoバンクをつくるには下の2つの工具が必要です。基本的にバンクと同じ。

  1. 木工用手鋸(MDF材をカットします。)
  2. ヤスリ(MDF材を削ります。)

 

 

1.MDF材をカットする

まず、MDF材をカットしてパーツをつくります。下のカット図を参考にしてください。

f:id:skateDIY:20171009121320p:plain

 

バンク同様、地面に対して斜めに接するパーツが出てきます。バンクの場合は、カット図のa.、b.1組ずつでしたが、バンクtoバンクになると2組分加工しないといけないので、少し大変です。気長にやりましょう。

 

 

カット図2枚目。

f:id:skateDIY:20171009121354p:plain

 

また、バンクtoバンクはバンク部とフラット部に分かれているので、カットした際、パーツが混ざらないようにご注意を。黒線がバンク部、青線がフラット部です。

 

2.バンク部を組み立てる

まずは、バンク部のパーツを組み立てていきましょう。手順は、バンクを作る時と一緒。

f:id:skateDIY:20171009121452p:plain

必ず、2組つくるのを忘れずに。

 

3.フラット部を組み立てる

今度は、フラット部を組み立てていきます。フラット部はコーピングなしのボックスと同じなので、ボックスをつくるイメージで。

f:id:skateDIY:20171009121533p:plain

 

4.バンク部とフラット部を合体する

先ほど組み立てたフラット部の両脇を挟むようにバンク部を接着します。ボンドは全面に塗布して、接着不足にならないようにしましょうね。

f:id:skateDIY:20171009121611p:plain

 

 

これで完成です。

f:id:skateDIY:20171009121642p:plain

 

 

作るのはなかなか大変かもしれませんが、1つ持ってるとパークが豪華になりますよね。

あえて、オーリーせずにフラット部でマニュアルするのもいいかも。

 

 

今回の記事で、何かわからないコトとかあれば気軽にコメントやDMください。

ではでは。